出雲大社平成の大遷宮について

出雲大社の御祭神の大国主大神様のお住まいのご本殿は延喜元年(1744)に御遷宮御造営され、現在までに文化6年(1809)、明治14年(1881)、昭和28年(1953)とおよそ60年を目途に改修が行われてきました。
そして2013年の5月には平成の御遷宮が執り行われます。
伊勢神宮においては20年ごとに遷宮されていますが、出雲大社では約60年ごとに遷宮が行われているため非常に貴重な神事だと言えます。