出雲大社 大遷宮 2

出雲大社の大遷宮は5月10日に行われました。

前回の昭和28年から約60年、おおよそ60年周期で遷宮は行われます。

遷宮というのは簡単に言えば出雲大社の御本殿の改修に伴う一大神事のことです。

出雲大社の御本殿は過去数度に建て替えを行われております。

古くは高さ96メートルあったとも言われており、現在は48メートルであったという説が有力視されております。

 現在の御本殿は高さ24メートルですが、48メートルの御本殿には106メートルにも渡る階段が存在していたそうです。

6月9日で奉祝の行事はいったん終了となりましたが、これからも様々な奉祝の行事が執り行われます。

この機会にぜひ出雲大社にお越しください。